名古屋市 債務整理 弁護士 司法書士

名古屋市に住んでいる人が借金返済の相談をするならここ!

借金の利子が高い

借金の額が多すぎて返済がつらい…。
債務整理をして、借金の苦しみから解き放たれたい…。
もしもそう思っているなら、すぐに司法書士・弁護士に相談しましょう。
司法書士・弁護士が探してくれる解決策で、月々の返済額が減ったり、督促がSTOPしたり、などという色々なメリットを受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談ができる法律事務所・法務事務所もたくさんあります。
ここではその中で、名古屋市にも対応している、お勧めの法務事務所や法律事務所を紹介しています。
また、名古屋市の地元にある他の法務事務所・法律事務所も載せているので、それらも参考にしてみてください。
借金の問題は、自分だけで解決するのは難しいものです。
弁護士や司法書士の知識や知恵を借り、解決の道を探しましょう!

借金や債務整理の相談を名古屋市の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

名古屋市の借金返済・多重債務問題の相談なら、コチラがお勧め。
弁護士対応で、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が無料なので、今の手持ちがなくても安心です。
料金の支払は、分割払いでもOK。
弁護士への相談料金はもちろん無料!
借金の督促をSTOPすることもできます。
個人再生、過払い金、任意整理、自己破産、など、借金や債務のことを無料で相談することができます。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(電話代金無料)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



ウイズユー司法書士事務所(借金の減額診断)

ウイズユー司法書士

名古屋市在住の方が借金・債務整理の相談をするなら、まず「借金の減額診断」もおすすめです。
全国に対応しているウイズユー司法書士事務所が行っている無料の借金減額診断。
無料診断は、たった4つの質問に回答するだけの、簡単なものです。
診断はWeb上で行えるので、面倒な登録などは必要ないので気楽にできます。
また、診断結果の送信をすることもできますが、送信や無料相談は匿名でもOKなので安心です。
◆特徴◆
  • 4つの質問に答えるだけ!
  • 月の返済金額が減額できるかが分かる!
  • 無料・匿名で相談OK!
  • 全国対応!
借金がいくら減るのか、月々の支払いがいくら減るのか、借金解決の第一歩として無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
借金の減額診断はこちら



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国対応の司法書士事務所なので名古屋市にお住まいの方も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、毎回号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



名古屋市周辺の他の法律事務所や法務事務所紹介

名古屋市には他にもいくつかの弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●司法書士法人ファミリア/丸の内事務所
愛知県名古屋市中区錦一丁目3番18号エターナル北山ビル7F
052-228-7533
http://saimuseiri.bz

●アプローチ(司法書士法人)
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-13名古屋センタービル8F
0120-512-432
http://approach.gr.jp

●しょうぶ法律事務所
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-2名古屋丸紅ビル12F
052-223-5555
http://shobu-law.com

●関司法書士事務所
愛知県名古屋市中区丸の内1丁目9-7
052-265-6153
http://sekijimusyo.jp

●名古屋の弁護士片岡法律事務所
愛知県名古屋市丸の内2丁目19番25号
052-231-1706
http://kataokaoffice.jp

●守山法律事務所
愛知県名古屋市守山区中新10-8シャンボール小幡2F
052-792-8133
http://moriyama-houritsu.com

●愛知県弁護士会
愛知県名古屋市NakaWard,Sannomaru,1丁目4-2愛知県弁護士会館1F
052-203-1651
http://aiben.jp

●成田龍一法律事務所
愛知県名古屋市中区錦3丁目14-14高坂ビル6F
052-973-0531
http://narita-law.jp

●すずたか総合法律事務所(弁護士法人)
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5-40ロイヤルセッションズ
052-955-0095
http://suzutaka-law.com

●弁護士法人あおば法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目9-16丸の内YSビル4F
052-972-0091
http://aoba-law.jp

●弁護士法人名古屋総合法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目4-30
052-961-3911
http://nagoyasogo.jp

●辻司法書士事務所
愛知県名古屋市北区清水1丁目22-4
052-953-0006
http://tsuji-shihou.com

●名古屋シティ法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目19-5フレッジオLA7F
052-253-5200
http://nclo.jp

●菰田裕子司法書士事務所
愛知県名古屋市守山区小幡中3丁目4-1
052-797-7702
http://k-siho.com

●山崎夕希子司法書士事務所
愛知県名古屋市瑞穂区東栄町3丁目25-3斉藤ビル6F
052-852-1147
http://yukiko-shihou.jp

●丸の内総合法務事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目15-16
052-211-2471
http://marunouchi-legal.com

●名古屋第一法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-22三博ビル5F
052-211-2236
http://daiichi-law.gr.jp

地元名古屋市の弁護士・司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談の方が、気後れせずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

多重債務、名古屋市に住んでいて困ったことになった理由とは

消費者金融やクレジットカード業者などからの借入れ金で困っている人は、きっと高額な金利に悩んでいるかもしれません。
借りたのは自分ですので、自己責任だからしょうがないでしょう。
しかし、いくつもの消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りていると、金額が大きくなって、とてもじゃないけど返済できなくなってしまうでしょう。
毎月の返済だと利子しか払えていない、という状況の人もいるのではないでしょうか。
ここまで来ると、自分ひとりだけで借金をキレイにするのはほぼ無理でしょう。
借金をキレイにするために、なるべく早く弁護士や司法書士に相談するべきです。
どうやったら今の借金をキレイにできるか、借金を減額することができるのか、過払い金は発生していないのか、など、司法書士や弁護士の知恵をかしてもらいましょう。
借金・お金の問題の解決は、相談から始まります。

名古屋市/借金の減額請求について|債務整理

多重債務等で、借り入れの返金が困難な実情に陥った際に効果のある手段の1つが、任意整理です。
今の借入れの実情をもう一度チェックし、過去に利子の払い過ぎ等があるならば、それ等を請求する、または現状の借入と相殺し、かつ今の借入につきましてこれからの金利をカットしてもらえる様お願いしていくという手法です。
ただ、借金していた元本につきましては、きちっと支払いをするということが大元になり、利息が減じた分だけ、前よりもっと短い時間での支払いが基本となります。
只、金利を支払わなくていいかわり、月ごとの返金金額は圧縮されるでしょうから、負担は減少するということが一般的です。
ただ、借金をしてる貸金業者がこのこれからの金利に関しての減額請求に応じてくれないときは、任意整理はきっと不可能です。
弁護士の先生に頼んだら、絶対に減額請求が出来ると考える方もかなりいるかもしれないが、対処は業者により色々あり、対応しない業者というのも存在するのです。
ただ、減額請求に応じてくれない業者はごく少数なのです。
ですから、実際に任意整理を実施して、クレジット会社などの金融業者に減額請求をやるということで、借金の苦しみがかなり軽くなるという人は少なくないでしょう。
現に任意整理ができるのだろうか、どれくらい、借入の払戻が縮減されるか等は、先ず弁護士の方に頼むと言うことがお勧めなのです。

名古屋市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/債務整理

率直に言えば世間で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。マイホーム・高価な車・土地等高値のものは処分されるが、生活するなかで必要なものは処分されないのです。
又20万円以下の蓄えも持っていてもいいです。それと当面数箇月分の生活に必要な費用百万未満なら取り上げられることは無いのです。
官報に破産者のリストとして載りますがこれもごくわずかな人しか見ないでしょう。
また俗にいうブラック・リストに記載され七年間程の間はキャッシング、ローンが使用キャッシング又はローンが使用不可能になりますが、これは仕方無いことでしょう。
あと一定の職種に就けないと言うことがあるのです。けれどこれも僅かな限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返済する事が不可能な借金を抱えてるのであれば自己破産を実行するというのも1つの手段なのです。自己破産を実行すれば今までの借金が全部帳消しになり、心機一転人生を始めるということでよい点の方がより大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士や司法書士や税理士や弁護士などの資格は無くなるのです。私法上の資格制限とし遺言執行者・保証人・後見人にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれないのです。けれどこれらのリスクはおよそ関係がない場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはさほど大きなものでは無い筈です。

関連ページ